代表挨拶

 私は1981年10月4日に建設会社である株式会社丸石を
設立いたしました。
 しかし、趣味で南太平洋の美しい海でスキューバーダイ
ビングを行う中で海底に空瓶、空き缶やオイルボールなど
のゴミがあるのが目に留まるようになり、さらに地球温暖
化現象により1998年に海水温度が30度を超え、世界規模でサンゴ礁が死んでしまいました。
 そんな光景を目の当たりにし、私がダイビングを始めたば
 
 かりの時に見た美しい海を取り戻さなければならないと強く思いました。
その後、さまざまな模索の上でガラスのリサイクルをすることで循環型社会形成の一翼を担おうと決心し、1999年2月より株式会社丸広を設立し、新たにガラスリサイクルの事業を開始いたしました。
 ガラスは他の廃棄物と異なり鉱物性無機質のため、埋め立てをしてからどれ程の時がたとうとも腐食・劣化をしないため自然に還ることはありません。しかし、逆に考えればその廃ガラスを原料にすれば腐食・劣化をしない丈夫なリサイクル製品を作ることが出来ると考えたからです。
 まだまだガラスリサイクルへの理解が低い状況で、大変ではありますが、あの綺麗なサンゴに彩られた美しい海を取り戻すため、そして未来の人々にこの美しいい地球を残すために日々邁進して行きます。

                            代表取締役 鈴木 太公男

↑ ページの上部へ

関連企業 株式会社 丸石

問い合わせ

■TEL 027−352−2973
■FAX 027−352−2974

■Mail